プライバシー

“ランダムウオーク”中継ノードで、匿名取引が出来ます。

スケーラビリティ

MimbleWimble Potocol、高スケーラビリティをサポータします。

開放性

100パーセントコミュニティーを管理出来ます。

価値保証

総量は決められた21枚にし、デフレの枠組みであります。

本技術の特徴

Forestは“高度なプライバシー”“軽量化されて携帯に便利”“完全開放”“安定で価値保証出来る”という長所を纏めて造った新たなプライバシー性がある価値保証出来る暗号通貨であります。

高度なプライバシー

Forestは伝統的なブロックチェーンのアドレスと残高データを使わず、取引情報を簡潔にシークレットパッキングをすることが出来ます。その他、Forestはオニオンネットワークに類似する“ランダムウオーク”という中継策略を取り入れて、ブラック情報が公開する前に、取引を一つ一つを追跡することが不可能になることを保証します。

軽量化、スケーラビリティ

Forestは最先端のMimbleWimble契約を導入したことで、取引情報の歴史記録をキーポイントを損なわない同時にデータを圧縮することと削除することが出来るようになりました。これで軽量化されたブロックチェーンレジャーが造られて、Forestの長期的なスケーラビリティが実現しました。

完全開放

Forestは完全に開放されたブロックであります。メンバー構成は主に世界各地にいる違う開発者であります。Forestは会社、ファンドなど営利目的の団体によりコントロールしてされていません。その目標は公平で開放で便利で安全なプライベートセンドパブリックブロックチェーンを造ることであります。

安定で価値保証

Forestの位置付けは高度なプライバシーがあり、スケーラビリティと開放されたバリューストレージの暗号化された通貨であります。その為、Grin通貨の高度なインフレモデルと違う、Forestの発行総量は21枚だけで、数量限定であります。遠い目で見れば、デフレモデルで、長時間バリューストレージのに有利になります。

路線図

2019年4月30日

に白書技術を発行する

2019年8月1日

にチェーンブロックハードウェア製品を発行する

2019年10月1日

に ForestはDAGバージョンテストウェブサイトを登場する

2019年12月1日

に ForestはDAGバージョンの正式なウェブサイトを登場する

コミュニティ戦略連携パートナー

Strategic Investment Institution